椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

人間だけではない!? 犬の椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニアというと人間だけに起こると思うかもしれませんが、実は犬も椎間板ヘルニアになることがあるのです。 ですから、腰が抜けているようであったり、触られるのを嫌がるようになった、歩き方が以前と比べておかしいといった症状が現われるのであれば、椎間板ヘルニアの可能性がありますので、受診しましょう。 人間の場合には遺伝で椎間板ヘルニアになることは少ないのですが、犬の場合には遺伝が原因となることが多いと言われています。 ですから、親犬が椎間板ヘルニアを発症しているという場合、その子どもも椎間板ヘルニアになる可能性があるため、注意しなければなりません。 犬種によって椎間板ヘルニアになりやすいということもあり、たとえばゴールデン・レトリーバーは体重が重いですからなりやすく、コーギー、ダックスフントといった犬種は胴が長くて脚が短いためになりやすいと言われています。 もし飼っている犬に少し気になる症状があるのであれば、早めに受診してみることをおすすめします。 神経が圧迫された状態で放置してしまうと、最悪の場合神経が壊死してしまうこともあるのです。 飼い主が気付いたときには既に壊死していたということも少なくありませんので、注意深く様子を見る必要がありますね。 では、どうすれば犬の椎間板ヘルニアを予防できるのでしょうか。 予防法は人間と同じで、なるべく腰に負担を掛けないようにすることが大切です。 首を無理やり引っ張らない、なるべく高い場所から飛び降りないようにする、背骨がしなる運動をさせない、滑りやすい場所ばかり歩かせない、地面と犬の体はなるべく水平を保つようにする、太らせすぎないようにするといったことに気を付けましょう。 こうすることで椎間板ヘルニアは予防することができますよ。