椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

首や腰に痛みを感じたら

椎間板ヘルニアというのは、神経が圧迫されるものになります。 神経が圧迫されることにより、患部に炎症が起きる、神経痛といった症状が現われますが、これは頚椎の場合であっても、腰椎の場合であってもかなり辛い症状になります。 どういった痛みかというと、しびれに似た痛みを感じるものなのです。 症状が悪化した場合には、どんな体勢であっても痛みを感じてしまうため、非常に辛いものなのです。 患部が炎症していることが原因で起こる痛みの場合、筋肉に負担が掛かっているために痛みが生じるのですが、ほとんどの場合は患部が発熱しているという状態になります。 そういった場合には、炎症を抑えるために患部を冷やすことをおすすめします。 我慢できる痛みだからと言って椎間板ヘルニアをそのまま放っておく方もいるようですが、そのまま放置してしまうと、神経がどんどん圧迫され、感覚がマヒしてしまうのです。 場合によっては手足の感覚神経や運動神経が鈍くなってしまい、運動障害、排尿障害といった症状に繋がってしまうこともありますので、放置するのは危険なのです。 腰、首といった部分に痛みを感じた場合、まずは安静にして楽な姿勢で居るようにしましょう。 筋肉の炎症が原因で痛みを生じているのであれば安静にすることで痛みは大分良くなることでしょう。 神経が圧迫されていることが原因であれば、専門機関を受診する必要があります。 患部に熱がある場合、冷却することによって痛みは和らぎますが、発熱が治まっているにも関わらず冷却し続けるのは良くありません。 筋肉の収縮を促進させてしまいますので、頚椎カラーやコルセットなどを使って、痛い部分を固定することが大切です。 症状が悪化しないように、骨、筋肉をきちんと支えて、落ち着いたら医療機関を受診するようにしましょう。