椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

むち打ちと頸椎椎間板ヘルニアの関係

むち打ちというのは、スポーツをしたとき、交通事故などが原因で起こる症状ですよね。 頸部に対して損傷を受けた場合にむち打ちになるのですが、これは頚椎捻挫という言い方もあります。 首のねんざのことを指しており、むち打ちは外傷があるわけでもないですし、その衝撃を受けたときにすぐ痛みを生じるわけではありません。 多くの場合は、少し時間が経過してから痛みが徐々に現われるというものなのです。 ですから、そのときは大丈夫だと思っても、むち打ちである場合もありますので、念の為こういったことがあった場合には受診した方が良いのです。 痛みが生じた部分が熱いようであれば炎症を起こしているということです。 そういった場合は冷湿布で患部を冷やすようにし、痛みがあるからと言って自分でマッサージすると悪化する可能性もありますのでマッサージは避けましょう。 もしめまい、吐き気、頭痛といった症状が現われる、2週間以上経過しても症状が一向に良くならないといったことがあれば受診してみましょう。 場合によっては頸部の椎間板ヘルニアになっていることもありますので、レントゲンをしっかりとり、骨に異常が現われていないか確かめる必要があります。 頸部の椎間板ヘルニアかもしれないのであれば、レントゲンだけでなく、MRI検査を受けることもおすすめします。 頸椎後縦靱帯骨化症という靭帯が神経を圧迫するものや変形性頚椎症という頚椎の一部が変形するものの場合には、椎間板ヘルニアと似ている症状が現われます。 寝違えることもあるかと思いますが、朝起きて首が動かないという状態の場合には、無理に首を動かさないようにしましょう。 痛い部分を冷却するようにすると症状が軽くなるかと思います。 もし症状が良くならないのであれば受診した方が良いかもしれませんね。