椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

ぎっくり腰と腰椎椎間板ヘルニアの関係

ぎっくり腰というのは急になるものですが、椎間板ヘルニアと同じだと思われることも多いですよね。 なぜ同じものだと思われるのかというと、実際に急性腰椎椎間板ヘルニアの場合、ぎっくり腰と同じ状態になっているからなのです。 つまり、全く別の症状であるというわけではなく、関係性があるということになります。 では、なにが違うのかというと、椎間板ヘルニアの場合には椎間板が骨からはみ出した状態になります。 臓器の一部があるべき場所から逸脱した状態をヘルニアと言いますが、ぎっくり腰の場合は椎間板が飛び出しているわけではありません。 椎間板ヘルニアは椎間板がヘルニアした状態にありますので、腰椎のねんざとも言えるぎっくり腰とは異なりますよね。 無意識になんとなくしたことがきっかけでぎっくり腰になるということが多いと思います。 腰をひねったとき、前にかがんだときなど、本当に何気ない動きがきっかけとなるのです。 症状としては、腰がくだけるような痛み、腰に激痛が走るといったように、症状の感じ方は人それぞれです。 ぎっくり腰の場合、無理に体を動かそうとすると更に痛みは強くなるため、安静にしている必要があります。 3日ほど安静にしていれば徐々に痛みがなくなってきます。 ぎっくり腰の場合には腰にしびれを生じるということはありませんので、もししびれがあるのであれば椎間板ヘルニアかもしれませんので、受診してみましょう。