椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

リハビリと呼吸方法

腹筋や背筋といった運動は、背骨を支えるために筋肉を鍛えなくてはならないため、腰椎の椎間板ヘルニアのリハビリをする場合にとても大切です。 しかし、急性期というのは痛みが激しいときですから、無理に体を動かすのは良くありません。 急性期には、腹式呼吸を行うようにしましょう。 普段から腹式呼吸をしているという方は少ないでしょうから、最初はなかなかできないかもしれません。 しかし、一度呼吸法を身に付ければ、呼吸するだけで腹筋を鍛えることにも繋がりますし、発声も良くなると言われていますよ。 腹腔内圧が向上するため、背骨への負担を軽くすることができますし、筋肉が鍛えられるのはもちろんですが、胃腸の動きも良くなる為に便秘解消にも繋がるのです。 自律神経も向上するため、腰痛の痛みを軽くすることもできるという、嬉しい効果が多々ありますよ。 では、腹式呼吸の方法ですが、息をゆっくりと吐き、お腹を膨らませつつ鼻から息を吸っていきます。 肩や胸を膨らませないようにしましょう。 息を吐くときは、お腹をへこませつつ、口から息を吐き出し、お腹が完全にへこむまで息を吐き続けます。 その後で鼻から息を吸うということを繰り返し、慣れるまでは鏡を見てみるのも良いですね。 肩が動かずにきちんと息が出来ているのであれば、正しい腹式呼吸ができているということになります。 正しい腹式呼吸を身に付けて、腹筋を鍛えてみましょう。