椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

椎間板ヘルニアのリハビリ

リハビリテーションは、椎間板ヘルニアになった原因を改善するだけでなく、再発防止を目的として行うものです。 椎間板ヘルニアの急性期というのは、激しい痛みを伴います。 ですから絶対安静と言われることも多いため、リハビリをするのはかえって良くありません。 しかし、痛みが慢性化してきたら、少しずつリハビリをしていく必要があるのです。 腰椎の椎間板ヘルニアの場合と頚椎の椎間板ヘルニアの場合にはリハビリ内容も異なりますが、腰椎の場合についてご紹介しましょう。 痛みが治まってきたら、最初は無理に体を動かさず、寝返りをうつことから始めます。 もし少ししか体を動かしていなくても痛みを感じるようであれば無理に動かしてはいけません。 上半身をゆっくりとひねって、それから下半身を動かしていきますが、このときに痛みを感じ無ければ全身を使って寝返りを打ってみましょう。 上半身だけを起こし、ひねりの運動をすることも大切です。 背筋を後ろに反らすとリハビリどころか症状が悪化してしまう可能性もありますのでやめましょう。 立ちあがってゆっくりと歩くことも立派なリハビリですが、腰への負担を軽くするために腰痛ベルトなどを巻くというのも効果的です。 次に、筋肉を鍛えるために軽い体操を取り入れたり、散歩に行くのも良いですね。 歩くときにはなるべく正しい姿勢を保つことを心がけ、無理はしないようにしましょう。 椎間板が飛び出した状態になっているのが椎間板ヘルニアですから、場合によっては神経を傷めてしまうこともあるのです。 そうなると大きな後遺症となることもありますので、そうならないようにきちんと医師と相談しながら、ゆっくり行っていきましょう。