椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

椎間板ヘルニアを予防するための枕・寝具選び

椎間板ヘルニアになった場合、日常生活を送るにあたって姿勢に気を付ける必要があります。 たとえば、自分に合った高さの枕を使用する、寝具の硬さは合っているかということが大切になります。 寝る時の姿勢も大切になりますので、こういった寝具選びにも気を付けたいものですね。 寝る時の姿勢は気にしないという方もいらっしゃるかもしれませんが、できるだけ痛みを感じないような姿勢で寝ることが大切です。 特に急性期は痛みが激しいものですから、特に注意しなくてはなりません。 最も楽なのは、背中を丸めて横向きで寝るという体勢だと思いますが、段々と激しい痛みを感じなくなってきたのであれば、なるべく背骨がS字になるように寝ましょう。 椎間板ヘルニアに良いのは仰向けで寝る姿勢になりますので、うつ伏せ、横向きは避けたいものです。 また、寝具が柔らかすぎて腰が沈んでしまうということが無いようにしましょうね。 理想は、仰向けになった時、手を腰の下にあてると隙間が少しできるほどが良く、枕が高すぎてしまうと首への負担が大きくなってしまうので良くありません。 頚椎が不自然な形に曲がってしまうため、枕の高さにも気を付けましょう。 寝具だけでなく、体に合った洋服、靴を履くことも大切です。 自分のサイズに合っていないものを使い続けると姿勢が悪くなってしまうのです。 無理にサイズが違う洋服を着ることによって筋肉に対して負担が掛かることもありますし、女性は高いヒールの靴を履くことも多いでしょうが、姿勢が悪くなりますので、できるだけ避けることをおすすめします。