椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

痛みをやわらげるための体操

腰椎の椎間板ヘルニアになった場合、背筋や腹筋を鍛えることで再発防止することができます。 背筋や腹筋を鍛えると、筋肉がコルセットのような役割を果たしてくれるのですが、もちろん無理をしてはいけません。 鍛えているときに痛みを感じたりした場合は無理に動かさず、安静にしましょう。 出来る限り背筋と腹筋の両方を鍛えるために運動を行うことが大切です。 どちらか一方だけ鍛えると、背骨が鍛えた部分だけに引っ張られることになり、負担が大きくなってしまうのです。 そういったことが無いように無理をせず、自分ができる範囲で鍛えるようにしましょう。 全身の筋肉はなるべくバランスよく使うということも大切ですので、ウォーキングがおすすめです。 ウォーキングするときには姿勢も意識するとさらに効果的ですし、ウォーターエクササイズという水中を歩くということもおすすめです。 水中では浮力がありますので、腰への負担を軽くすることができます。 また、水の抵抗力によって全身の筋肉をバランスよく鍛えることができますよ。 インナーマッスルと言われる腹横筋を鍛えることにより、腰椎の負担を軽くすることができますので、できればこの部分も鍛えましょう。 腹筋運動に対してひねりを加えればインナーマッスルを鍛えることができ、肋骨を締めて腹圧を下げることができるため効果的です。