椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

腰の椎間板ヘルニア・症状と対策

背骨というのはいくつもの骨が存在している部分ですよね。 その中で、第4腰椎と第5腰椎は特にヘルニアになりやすいと言われています。 この第4腰椎と第5腰椎は腰に近い部分であり、下半身に繋がっている神経が通っている部分でもあります。 つまり、この腰椎が椎間板ヘルニアになってしまうと、症状は下半身に現われるということになります。 椎間板ヘルニアには、膨隆型と脱出型の2種類がありますが、膨隆型というのは一気に症状が現われるのではなく、徐々に症状が進行していくものです。 最初に起こる症状としては、長時間立っている、若しくは座っているのが辛いを感じたり、足がもつれるような感覚に襲われる、腰を動かすのが辛いと感じるといった症状があります。 脱出型の場合には症状が激しく現われる為気付きやすいのですが、こういった初期症状が現われた時には大丈夫だと思わず、受診した方が良いでしょう。 椎間板ヘルニアを放っておくと、排尿障害が現われたり、坐骨神経痛になることもあるのです。 また、徐々にではなく、突発的に椎間板ヘルニアになることもあります。 そういったときには、腰椎も炎症を起こすことが多いですから、腰椎に激しい痛みを感じる、患部が熱く感じるなどの症状が現われるかもしれません。 足に痺れを感じる、腰が急に痛くなったという場合は無理に動かず、患部などを冷やすことが大切です。 冷湿布などを使ってまずは炎症を抑えることを第一に行います。 それでも痛みが良くならなければ痛み止めを飲んだ方が良いですね。 痛いときには無理に動こうとせず、できるだけ楽な姿勢で安静にしておきましょう。 そして少し症状が和らいだら受診するようにしますが、椎間板ヘルニアの場合にはレントゲンの検査を行ったりMRIの検査を行うことになりますので、こういった検査ができる病院を受診することをおすすめします。