椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

痛みをやわらげるブロック注射

ブロック注射はペインクリニックや麻酔科、整形外科などで打つことができますが、これを打つことにより、すぐに痛みは緩和され、鎮痛効果も高いというメリットがあります。 また、症状がどこに現われているかにより、使用するブロック注射の種類が異なります。 関節ブロックや感重ふぉう覚神経ブロック、運動神経ブロック、筋肉ブロック、自律神経ブロックなどがありますが、椎間板ヘルニアの場合は感覚神経ブロックが用いられます。 椎間板ヘルニアというのは、神経の痛みが伝わらないようにする必要がありますよね。 どこの場所に注射を打つかによって呼び方が異なります。 たとえば、後頭神経、椎間板、腰神経叢、頸神経叢 (星状神経節)といった呼び方があり、注射の打ち方も様々です。 神経根という直接神経に打つこともあれば、ファセットという椎弓の突起周辺に打つ場合、椎間板内ステロイドという直接ステロイドをヘルニアの部分に打つ場合、そして、永久ブロックという神経破壊薬を打つ場合などがあるのです。 その中でも、ヘルニアの部分に対して直接注射を打つ椎間板内ステロイドというのは最も難しいと言われています。 抗炎症薬や神経破壊薬、局所麻酔などを打ちますが、痛んでいる神経部分に麻酔を打つことになるため、その分鎮痛効果は確実にあります。 また、即効性もあるため、急に強い痛みを感じたという場合にはブロック注射が効果的かもしれませんね。 痛みが慢性的に続くようであれば、ブロック注射だけでなく、リハビリなどの治療を行うと良くなることでしょう。