椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

手術の際の病院の選び方

椎間板ヘルニアになった場合、手術をすることになる可能性もあります。 手術の方法はその病院によっても異なりますが、確認しておきたいのは過去にどれだけ手術を行っているかということになります。 なぜなら、手術を行っている回数が多ければ多いほど、当然技術力が高く、経験豊富な医師がいるということになるでしょうが、手術件数だけで技術力などを見極めるのは難しいですよね。 椎間板ヘルニアの手術方法はいくつかありますので、自分が受けたい、受けるつもりの手術件数はどの程度なのかということも重要です。 内視鏡手術、レーザー治療といった手術方法もありますが、そういったものの場合、特に技術力のある医師は少ないとされているのです。 もちろん手術した件数が多ければ安心できるかもしれませんが、自分が受けたい手術をした件数が少ないと不安になってしまいますよね。 脊椎内視鏡下手術といった日本整形外科学会で導入されている手術法や技術認定制度などが一つの判断基準になるでしょう。 これは内視鏡手術のみに関係することですが、これは誰でも取得できるわけではなく、一定条件を満たす必要があるのです。 認定基準は非常に厳しいため、認定資格を持っている医師がいる病院なのであれば、技術力が優れているという判断ができるでしょう。 内視鏡手術が行われるのは腰椎の椎間板ヘルニアの場合であり、頚椎の場合にはあまり内視鏡手術は行われません。 のどを切開して行う頚椎前方除圧固定術といったのどを切開する手術方法が行われることが多いのが頚椎ヘルニアになりますので、そういったことも頭に入れておきましょう。