椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

セカンドオピニオン制度を利用する

椎間板ヘルニアだと診断された場合には、多くの場合は保存療法が用いられ、およそ5%ほどの人しか手術による治療は行われません。 手術をするのはどういった場合かというと、排尿障害がある場合や、しびれ、日常生活が送れないほどの痛みが生じている場合ということになります。 受診したときに手術をすすめられることもあるかもしれませんが、そういったときにはセカンドオピニオン制度を利用した方が良いでしょう。 主治医以外の第三者に意見を求めたりその意見自体を指すのがセカンドオピニオンであり、もし主治医の意見とその第三者の意見が違うのであれば、自分でどちらの意見を聞くのか決めることができますよね。 主治医の意見だけでは不安だという場合には、セカンドオピニオン制度を利用した方が良いでしょう。 セカンドオピニオンを受ける場合は、主治医に相談をし、今までの診療情報提供所を作成してもらう、診断書を書いてもらうといったことが必要となります。 また、MRI検査、レントゲン撮影の結果なども椎間板ヘルニアの場合には必要となりますので、セカンドオピニオンを検討するのであれば用意してもらいましょう。 こういった書類が揃った場合に、自分が希望する医師や病院にて診察を受け、その結果を主治医と相談した上で治療方針を決めていくという流れになるでしょう。 場合によっては主治医を変えたいということもあるでしょうが、場合によってはセカンドオピニオンで保険が適用されないこともあります。 そういったことが無いように、確認した上で受診してくださいね。