椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

レーザーを使った手術・PLDD法

椎間板ヘルニアの手術法はいくつかありますが、最近人気があるのがレーザーによる手術で、経皮的髄核減圧手術と呼ばれることもあります。 これはどういったものかというと、PLDD法というレーザーを髄核に対して照射して、ヘルニアになっている部分の髄核を引き戻す方法やPELD法という直接ヘルニアになっている部分にレーザーをあてることで除去する方法などがあります。 その他に、PECD法という方法もありますが、どういった方法であっても、レーザーを照射するために小さい穴をあけるだけで済むというのがメリットですね。 手術時間は30分ほどと非常に短く、体への負担が少ないのです。 そのため入院する必要もありませんが、保険は適用されないため、レーザー手術の場合は費用が高額になってしまうと言えます。 クッションに例えながら、PLDD法の仕組みをご紹介しましょう。 骨と骨の間にクッションがあるとして、そのクッションの綿を徐々に減らしていった場合、当然ですがクッションはどんどんしぼんでしまいますよね。 わざとしぼませることにより、骨が並んでいる正しい場所へはみ出してしまった部分を戻すという方法がPLDD法になります。 はみ出た部分がヘルニアである部分になりますが、PLDD法の場合はレーザーを直接患部に照射するのではありません。 ですから、デメリットとしては、手術をしても効果があらわれないという可能性があると言えます。 ヘルニアそのものを切除する方が確実に効果はあらわれますよね。 また、ヘルニアの種類によっては髄核が飛び出していることもあります。 これもクッションに例えると、手術によって綿を減らしたとしても、はみ出した部分については元に戻ることは無いため、いくら手術をしても効果があらわれないということになります。 これらの手術法はどこの病院でも受けることができるというわけではないため、事前に調べた上で足を運ぶようにしましょう。