椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

椎間板ヘルニアの手術

椎間板ヘルニアで症状が重いときには、手術療法がおこなわれることがありますが、その手術方法はいくつか種類があります。 LOVE法という、背中を少し切開して腰椎の必要な場所をいくつか削り、ヘルニアの髄核部分を切除するという方法があります。 これは、全身麻酔で手術を行い、10日から長いと20日ほどは入院しなければなりませんが、マイクロラブ法という背中を切開する傷を小さくするという方法もあります。 メリットとしては、ヘルニアになっている部分を切除することになるため、手術後には必ず症状が良くなると言えます。 PN法という、髄核を必要な量だけ椎間板の中から取りだす手術方法があります。 数ミリという小さな管を背中から刺し、患部のみを摘出する手術になります。 そのため全身麻酔は必要なく、局部麻酔となります。 体に対する負担が少なくて済み、後遺症も少ないということがメリットでしょう。 手術時間も1時間ほどで完了しますが、ヘルニアがどういった種類かによって、PN法では効果が無いということもあります。 MED法という手術法は内視鏡を使用するもので、切開するのは内視鏡と外筒が入る大きさとなります。 1.5から2mm程切開すれば良いため、体への負担は少ないのですが、どんな医師でも内視鏡手術ができるわけではありません。 MED法を受けられる病院は限られていますので、事前に調べる必要があります。 脊柱に対して固定具を埋め込むというのが脊柱固定術です。 固定具というのは、金属プレートを使用したり、本人の骨盤の骨を使用することもあります。 再発しにくいというメリットがある半面、脊柱がすぐに安定するわけではないため、安定するまでにある程度の期間が必要となります。