椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

整形外科で治療

西洋医学に基づいて、運動機能を回復することを目的として治療を行っているのが整形外科であり、整形外科では神経系疾患、脊髄や筋肉、骨、関節といった部分の疾患が治療の対象となります。 つまり、筋肉、関節、骨などに異常が生じた場合には整形外科を利用するということになりますが、なんらかの理由で外傷を受け、こういった場所が損傷してしまったという時にも整形外科を利用します。 治療方法は、手術療法と保存療法があり、運動治療、薬物療法、牽引、温熱治療、低周波治療、ブロック注射などが保存療法になります。 保存療法は痛みを改善するものであり、痛みをなくすという目的のもとに行われるのが手術療法です。 リハビリを運動治療と言い、筋肉を鍛えることによって本来の機能を回復させるという目的のもとに無理のない程度に治療をしていきます。 遠赤外線やホットパックなどを利用して患部を温めることによって血行を促し、新陳代謝を活発にするのが温熱治療です。 血行が良くなることにより筋肉がほぐれますので、痛みが和らぎます。 これは半身浴をするというだけでも同じような効果を得ることができます。 狭い骨同士の間を段々と広げるために行われるのが牽引です。頚椎や腰椎の牽引というものがあり、どこの部位に椎間板ヘルニアが生じたかによって治療場所が異なります。 炎症を抑えることを目的として湿布を使う、痛みを和らげるために鎮静剤を飲むといったものが薬物療法です。 ビタミンB12は関節に良い効果を与えると言われているため、椎間板ヘルニアの場合に処方されることもあります。 痛みを防ぐために行うのがブロック注射で、痛みを伝達している信号を妨害するためにパルスというものを発信させ、痛みを和らげるのが低周波治療です。