椎間板ヘルニア,原因,改善

※椎間板ヘルニアで悩んでいるなら「福辻式」が最適です。「腰痛改善 福辻式」で検索!

椎間板ヘルニアの原因

椎間板というのは、骨同士の隙間を埋めるクッションのような役割を果たしているものですが、椎間板ヘルニアになることがあります。 これは、椎間板が骨の間からはみ出してしまうことを指しますが、椎間板ヘルニアになる理由は、年齢を重ねたことによる椎間板の老化となんらかのきっかけが原因となって椎間板が飛び出てしまったという2つが考えられます。 クッションとして例えた場合、脱出型という綿がはみ出している状態、膨隆型という骨からクッションの一部だけがはみ出した状態といった形があります。 椎間板がはみ出してしまうとどのような症状が起きるのかというと、しびれ、痛みといった症状が発生します。 これは、椎間板がはみ出すことによって、神経を圧迫してしまうためです。 場合によっては麻痺が起こる場合もありますし、下半身不随となってしまう最悪な状況も考えられます。 椎間板ヘルニアになるきっかけとしては、朝急に体を起こしたり重い荷物を持ったり・・・といったことがありますので、これだけ考えると誰でもなり得るということになりますよね。 もちろんたった一回こういったきっかけがあったからと言ってなるわけではなく、長時間同じ姿勢でいることが多い、姿勢が悪いために背骨が歪んでいるといったことの積み重ねによるものだと考えられます。 どういった日常生活を送っているかということの積み重ねに対してきっかけが加わることで、椎間板ヘルニアになってしまうのですね。 老化が原因となるとどうしようもないと思うかもしれませんが、日常生活を少し意識するだけで改善、予防することができます。 日常生活が理由で椎間板の柔軟性が失われるわけですから、反対に柔軟性が保たれる生活を送れば良いのです。 椎間板ヘルニアは先天的な場合も稀にありますが、こういった後天的な原因なものであれば予防することもできますよ。